Pocket

こんにちは。鹿児島県阿久根市のときよし石材です。

 

ご自分のお墓にどのような石が使用されているか、ご存知ですか?

一見、同じように見える石でも、中国産だったり、インド産だったり、国産だったり、石の産地や石の種類は様々で、もちろん値段も違います。

同じように見えるなら、安い方が良いんじゃないか?と思われるかもしれませんが、石種によって、吸水率や硬度、簡単に言ってしまえば、石が劣化するスピードが違います。実際、お墓に行くと建ててからずいぶん経っているのに、綺麗なお墓と、そんなに経っていないのに古く見えるお墓があります。それは石種によって劣化するスピードが違うからなんです。なので、お墓を建てるときにどんな石で建てるかっていうのも大事なんですよ。

でも、一般のお客様はその石がどこで採れた石かを見分けるのは難しいと思います。

そのため、過去には安い外国産の石を国産だと偽り、高額で販売する事例があったそうです。

 

ときよし石材では、お客様にご安心いただくために国産材を使用した場合は原産地証明書をお渡ししております。

IMG_ 2113 2

 

 

国内産の石は高いイメージがあるかもしれませんが、国内で採掘された石は日本の風土に合っているので、風化しにくいといわれています。

また、数年前までは円高で、外国産の石の方がずっと安かったのですが、円安が進み、外国産の石の価格が上昇しつづけているため、国内産の石の価値が見直されつつあります。

 

国産材の良さは、きっと建ててから数年後に必ず実感すると思いますよ(^-^)

 

 

 

 

投稿者プロフィール

ときよし石材
Pocket